banner_02.gif<ポチッとひとつ!

2007年09月30日

SPDペダル シューズ

さて、今回色々ありましたが
元々はペダルを交換しようと考えたところから始まります。
ハーフクリップを付けていたのですが
どうも足の裏が痛くなってきたのです。

一つは靴底がやわらかい為細身のペダルだとそこにだけ圧力が加わる。
もう一つはハーフクリップはあまり調整がきかなくて
母指球ポイントから少しずれているかも
という感じでした。

色々調べていくと
靴底はなるべく硬いほうが「自転車に乗る場合」は良いらしいこと
SPDというビンディングがついたものが調節もきき良いらしいこと
などがわかりました。

ビンディングというと馴染みのない言葉ですが
若かりし日はまっていたスキーの靴を板に固定する金具
もビンディングと言っていたので
固定する金具ということはわかります。
ペダルと靴を固定・・・・
ネットで見てみるとなるほど、色々なタイプがあります。
問題はとっさの時に外れるか・・・・・・・
ある程度外れ易さは調整がきくようです。

皆さんの体験記を見てみると
最初はこける・・・
慣れててもたまにこける・・・・
坂は楽になる!
速度を出しやすい!維持しやすい!

・・・・まあ付けてみるか
そっちにしろ底の固い靴は買うつもりだったので
靴はシマノ SH-MT31
ペダルはシマノ PD-A530
をチョイスしました。

SH-MT31です

MT31

裏はこうなっています
MT-312

ネジをはずしてカバーを取って金具(クリート)を取り付けます。

この靴を選んだ理由は
わりと普通の靴に見える。SPDシューズは結構派手なものが多くて・・・
マウンテンバイク用だそうですが普通に歩ける(若干違和感はありますが)のも良いところです。
ほとんどのものは金具を取り付けると底から飛び出して
非常に歩きづらいようです。

ペダルはこれです
SPDペダル530

PD-A530は片面がSPD固定用のビンディングで
もう一方が普通の靴でもOKのフラットな面になっています。
SPDシューズでしか乗らないのなら両面ビンディングの方がはめやすいのですが
普段の靴でも乗るかもしれないし、最初は付け外しに慣れていないので
いざという時にフラット面で漕げるこれにしました。

これで走りが変わるのか!
長くなったので続きます・・・・

posted by なべ at 15:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車装備など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ!

クランク残念でしたね。

SPDペダル&シュウズで
山道もガンガン行けそうですね。

秋の紅葉ツアーの企画して下さい。
よろしくお願いします。
Posted by りすとーろ at 2007年09月30日 16:02
りすとーろさん、おはようございます。
クランクは思わぬ出費でした。
生兵法は怪我の元・・・・・・

SPDペダルは慣れるまではコソ練しないと怖いですねえ。
実は金具調整の時にすでに家の玄関前で転びました
非常に情けなかったです。

紅葉ツアー!いいですねえ!
ええとこれは僕とりすとーろさんの愛のちゃりんこオフ会ツアーなのでしょうか?
Posted by なべ at 2007年10月01日 08:18
こんにちわ!

ハイ。オフ会ツアーです。

日時・行き先等、お任せしますので
よろしくお願いします。

*参加者募集しても楽しそうですね。
Posted by りすとーろ at 2007年10月01日 17:51
うほ!
了解しました。
どこがいいかなあ!
Posted by なべ at 2007年10月01日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。