banner_02.gif<ポチッとひとつ!

2007年10月05日

SPD!

おはようございます。

先日ペダルをSPDペダルに交換しました。

シューズはシマノのSH-MT31です。
もう一度書いておきますと、SPDペダル、シューズとは自転車のペダルとシューズを金具によって固定してしまうものです。

利点としては
漕ぐ力だけではなく、引き上げる力も利用できること
常に同じ脚のポジションが出ている
不用意にペダルから脚が離れることを防ぐ
などでしょうか?


不利と思える点としては
金具の設定をしないといけない
ポジションが出ていないと自由度が少ない分痛みが出る(負担が一部分に集中する)
漕ぎ出しに金具を嵌めないといけない、止まるときにはずさないといけない
とっさに脚が離れないため危険回避行動が遅れる
などです。

MT-31にはクリート(ビンディング金具)が付いていません。
クリートはペダルのほうについているようです。

このクリート調整をとても悩んでいます。
まず、先週末取り付けて家の前で調整をしていました。

最初はとりあえず付けてみて付けはずしの練習(!)
結構新鮮で楽しくて調子に乗っていたら立ちゴケしました・・・・
オッサンが家の前で立ちゴケ!
トホホ

このときは右脚をSPDで固定して左足(つま先)で立っていました。
クリート位置は
前後は拇指球より前1cm
左右はセンター
角度もセンター
ビンディングの固定力は最低
ぐらいでしたか・・・・

フンフーンと鼻歌交じりで新しいパートナーの感触を確かめていると
不意に体の重心が右に・・・・
いつもの感覚で右足をだ、出せない・・・・
ズコーッ ゴロリン。

右足のシューズを脱いで涙目で起き上がりました。
なぜ立ちゴケをしたのか?を考えました。

頭ではSPDと理解しているつもりでも体は理解していないため
とっさの時に頭から
「シューズをひねってビンディングをはずしてから脚をつけ!」
という命令がちゃんと出ないと反応できないし、今回は頭から命令がでなかった。
また、シューズの紐がゆるいままでひねる動作を大きくやらないとはずれなかった。
僕は基本的につま先が外に向いているガニマタのため
クリートの角度がセンターだと、その時点で脚をひねっていることになり、ひねるに対する余裕度が少なかった

というところでしょうか・・・。
誰も見てないから微妙な空気の中で起き上がり・・・・
笑い話にするしかしょうがなく
奥さんに報告すると、冷たい目で見られただけという仕打ち。


気を取り直してクリート調整です!

調整の仕方は、本に書いてあったのを参考にするのですが

紙の上でペダリングをするようにモモを上げて足踏みをして
両足を下ろしたらマジックで足の形をなぞる。

1、親指と人差し指(脚でもこういうのかなあ?)の間あたりから前後方向に線を引く
2、拇指球と小指の第3関節(子指球?)からそれぞれ前後方向に対し直角な平行線を引く
3、1と2の線の交差する場所あたりがポイント

ということで合わしました。
しかし、
コレでいくとかなりつま先が外を向いているのです。
ガニマタ・・・・・・!
可能な範囲であわせてみるとシューズかかとの内側がクランクに接触します。

うむむむむ・・・・・・こまった!!!


長いのでつづく!

posted by なべ at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車にのって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。